• テクニック
    水墨画の遠近法をマスターしよう!手順やコツを紹介!
    2018年6月3日
  • 描き方
    水墨画で人物を描く時の手順とコツは?どんなテクニックが必要?
    2018年6月3日
  • 描き方
    これは知っておくべき!水墨画の裏打ちの仕方!
    2018年6月14日




水墨画の魅力というのは、どこにあると思いますか?

墨のみで描いているというのに、不思議とその絵からは、様々な表情を感じる事が出来ます。特に自然を描いた時には、表情のない自然からも、不思議と様々な表情を見る事が出来ます。

その中でも、海はこれまで、様々な表情を見せてくれました。

海というと、どんな表情を想像しますか?穏やかな海でしょうか?それとも、荒々しい海でしょうか?また、風のない静かな月夜の海でしょうか?

どれも違う海ですが、水墨画では、簡単に表現する事が出来ます。

海の描きかた

まず、海を描く時に意識しなくてはならないのが、その色の濃淡です。

水墨画は、基本的には墨一色で描く世界です。そして、自然は描く中でも、かなり難しい分野です。

人物や動物のように、体型や毛並みで表現する事が出来る対象物とは違い、海というのは、その表情を掴む事は、かなり難しい事なのです。

描く時にはまさに濃淡のみで描くのですが、水墨画において、水を描く時に注意したいのは、手前から奥へと向かって、徐々に濃くしていくのが基本です。

そして、海といえば、やはり波を描かない事には始まりません。

水墨画で波を描けるようにする為には、まずは海の泡や水面を、上手に描けるようにしましょう。白、または淡いグレーで表現する事が出来る海の泡は、手前は大きく、そして奥へ向かって小さくなっていくのです。小さな泡は、出来れば固まっている方が、分かりやすいですし、泡の波立つ様子が分かります。

そして、大切なのが水の影をどこまでリアルに描けるのかという事です。水彩絵の具だったら、様々な色を使い、海を表現する事が出来るのですが、水墨画は墨の濃淡のみで表す世界です。

そして、海を描く時には、周囲の情景にも気を付けましょう。例えば、季節を表すならは、夏なら太陽の暑さを、冬なら雪の寒さを、水墨画で表現する事が出来るのです。

コツ

海は、ほんの少しの工夫で、様々な表情を描く事が出来ます。

例えば、明るい夏の海を表現するのなら、ライトグレーの海で、水面にキラキラと輝く光を白で表現する事が大切ですし、夜の海を表現する時には、暗くなりすぎないようにしながら、奥を漆黒にする事で、海の奥深さを表現する事が出来ます。

海を描くコツは、いきなり、荒々しい波を描くという事はせず、まずは自分が慣れ親しんだ海や、ドラマや映画で気になった海を描くというのも、水墨画を早く上達する時には為には、必要な事です。

海を描く手順

そして、水墨画で海を描くには、その手順も大切です。そこで、穏やかな海を描く時を海を描く基礎としたいと思います。

1.地平線の位置を決めておく

大切なのは、空と海の境界線。つまり、地平線の事です。

この地平線が決まって、初めて海を描く事が出来るのです。

地平線と想定した場所に、薄いライトグレーで線を描きます。この時に、よりリアルに地平線を表現する為には、地平線をまっすぐではなく、少し丸みを帯びて表現しましょう。

2.陸地の位置を決める

もちろん、波だけで表現する事も可能ですが、よりリアルに海を描くに表現するとしたら、陸地も描かなくてはなりません。

陸地を決めたら、波のラインを描きます。

3.砂浜と地平線を結ぶ

後は、砂浜と地平線の間を、墨の濃淡のみで繋げる事です。

そして、その方法は、何層も、何層も色を塗り重ね、徐々に奥へと色を濃くしていくという事です。

太陽で光り輝く水面は、白で表現する事が出来ますし、空全体をライトグレーよりも更に薄くする事で、波が目立ちます。

そして、海を描くには、水墨画の技法である、にじみを取り入れるという方法があります。にじみというのは、紙の上に墨をたらし、周囲に広げるという技法ですが、海を描く時には、大いに活躍する技法です。

海を描く、難しい点

海を描く事で、一番難しいと感じるのは、その広さです。

どこからどこまでが海なのか、その壮大な大きさに戸惑い、どこを描いたら良いのか迷ってしまいます。

そんな時には、全てを描かなくても良いという事を考えてみましょう。例えば、一際大きな波が起きたら、その大きな波の一部だけを描いてもいいのです。

そして、濃淡だけで海の奥行きを表現するという、一見シンプルな水墨画ですが、シンプルな面、逆に難しいと言えます。

グラデーションのみで奥行きを表現する時に、気を付けなくてはならないのが、色が変わる位置です。ですが、薄い色と濃い色の水墨画は、濃淡でその世界を表します。境目があまりにもハッキリしていると、海とはなかなか認められません。そのグラデーションの繊細さが、海を様々な表情に見せてくれます。

水墨画で海を描くのは、初心者には難しく感じるかも知れません。ですが、大切なのは、じっと波を見つめて、波の僅かな変化も見落とさないようにしましょう。そして、穏やかな波を描けるようになったのなら、理想的な海の絵にチャレンジしてみましょう。




描き方の関連記事
  • 水墨画での煙の描き方!どう表現する?
  • 水墨画での魚の描き方のコツって?簡単解説!
  • 水墨画で梅を描いてみましょう!初めてでもこれでOK
  • これで完璧!水墨画での柿の描き方
  • これでばっちり!水墨画で風景画を描いてみよう
  • プロみたいに描ける!水墨画・菊のレッスン
おすすめの記事
描き方
水墨画は、濃淡で対象物を描くので、かなりの技術がなければ描けないと思っている人も多いと思います。 確かに、色を無限に使える方が、様々な表現が...
描き方
水墨画は、奈良時代前後には、中国大陸から日本に伝わった技法です。 水墨画というと、墨で描かれたものというイメージが強いと思います。 墨一色の...
描き方
1、冒頭文 墨と水と筆で描ける水墨画 墨、硯、筆、紙で書くことが出来るのが水墨画です。 この4つの用具が主に必要なものです。 高価な用具を買...